聴いて楽しむ──各種講座、オンライン講座、出前講座等

隔月第2土曜日(14-16時)開催 *12月は10-14時予定

会場 「弥生坂 緑の本棚」(文京区弥生2-17-12 TEL:03-3868-3254)

 *12月は別会場になります。

会費 1,000円(非会員 2,000円)+お茶菓子代 600円

 *12月はお茶代に代わり、お食事代 4,000円程度となります。


元禄11年頃刊『摂河往来』。伝本が極めて稀なうえに、内容が示唆的な往来物です。
元禄11年頃刊『摂河往来』。伝本が極めて稀なうえに、内容が示唆的な往来物です。

───────────────────────────

3月12日(土)聴いて楽しむ「都市と農村(元禄期の都鄙問題)」

【申込み受付中*昼食の希望もお聞かせ下さい】

───────────────────────────

 日本に2冊しかない稀覯書『摂河往来(せっかおうらい)』は、伝本が稀なだけでなく、その中で説かれた内容が極めて興味深いもの。元禄期の大坂にあって、発展する都会(摂津)と、従来型の農村社会である田舎(河内)の両国に住む友人同士でやりとりする2通の手紙で、それぞれの地域の産業・物産だけでなく、人々の暮らしや風土にも言及する。本書で作者(不明)が意図したものは、都会暮らしを否定し、より人間的な田舎暮らしや共同体社会の大切さを、命や健康の視点から強調したものでした。コロナ禍で人間関係が分断され、新自由主義の流れで格差と貧困が深刻化する現代に対する警告ともいえる300年前のメッセージです。今回は本書を丁寧に読み込み、そのエッセンスをお伝えします。

 

【集合】10:00 銀座会場(エングループ株式会社)集合。

    〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-18 ジュエル銀座706 *新橋演舞場付近

    TEL:03-3544-5785

【解散】12時終了・解散。終了後、希望者で会食。

【定員】10名。

【昼食】希望者により会場付近で昼食を取りますので、参加申込みの際に「昼食の希望・不要」についてもお聞かせください。

 

 銀座会場(エングループ株式会社*7F)/ 小金井会場(ハンバーグレストラン葦)/ 川口会場(日本料理賀茂川)
銀座会場(エングループ株式会社*7F)/ 小金井会場(ハンバーグレストラン葦)/ 川口会場(日本料理賀茂川)

◆「聴いて楽しむ」活動履歴

 コロナ禍のため、会場が狭い弥生坂 緑の本棚」(文京区弥生2-17-12 TEL=03-3868-3254)は当分の間利用を控えます。

 それに代えて、会場が比較的広い次の場所を随時利用していきます。

【銀座会場】エングループ株式会社(中央区銀座7-17-18 ジュエル銀座706/TEL=03-3544-5785)*定員10名程度

【小金井会場】レストラン葦(小金井市本町5-19-1 清水ビル3F/TEL=042-384-0038)*定員20名程度

【川口会場】日本料理賀茂川(川口市川口3-2-4/TEL=048-258-8866)*定員10名程度

  

実施月/講座内容*実施日降順

………………………………………………………………………

№042=2022年1月8日(土)/勝五郎の胎内記憶と江戸の胎教論 +新年会【会場=ハンバーグレストラン「葦」】…9人参加

 

№041=2021年11月13日(土)/頼杏坪の往来物を読む(3)食禄箴【会場=エングループ株式会社】…8人参加

 

№040=2021年9月11日(土)/頼杏坪の往来物を読む(2)諭俗要言WEBによるオンデマンド型講座

№039=2021年7月10日(土)/頼杏坪の往来物を読む(1)勧孝諭俗要言WEBによるオンデマンド型講座】 

№038=2021年5月8日(土)/江戸に学ぶ「人間教育」の知恵(4)最終回【会場=緑の本棚】…4人参加

№037=2021年3月13日(土)/勝五郎生まれ変わり物語『勝五郎再生記聞』とその周辺【会場=賀茂川】…7人参加

№036=2021年1月/史料から見た江戸の災害と異変WEBによるオンデマンド型講座

………………………………………………………………………

№035=2020年12月12日(土)/江戸に学ぶ「人間教育」の知恵(2)【会場=日本料理「賀茂川」】…8人参加

№034=2020年8月8日(土)/江戸に学ぶ「人間教育」の知恵(1)【会場=緑の本棚】…6人参加

№033=2020年4月/歴史学の視点WEBによるオンデマンド型講座

 №032=2020年6月13日(土)/高村幹斎『扁鵲志志』と江戸の立志論【会場=緑の本棚】…10人参加

№031=2020年2月8日(土)/二宮金次郎に学ぶ人と組織の育て方【会場=緑の本棚】…7人参加

………………………………………………………………………

№030=2019年12月14日(土)/江戸期の婚礼関連書【会場=日本料理 賀茂川】…9人参加

№029=2019年10月12日 → 19日(土)/貞丈雑記を読む【会場=緑の本棚】…5人参加

№028=2019年8月10日(土)/良妻賢母と近現代の子育て【会場=緑の本棚】…7人参加
№027=2019年6月8日(土)/奉公と親心【会場=緑の本棚】…8人参加
№026=2019年4月13日(土)/勘当をめぐる江戸の子育て【会場=緑の本棚】…9人参加
№025=2019年2月9日(土)/親子茶呑咄と後継者育成【会場=緑の本棚】…6人参加(9人予定だが大雪の為3人欠席)
………………………………………………………………………

№024=2018年11月/体罰なき厳格教育

№023=2018年10月/会津藩の人間教育

№022=2018年9月/育てたように子は育つ 

№021=2018年8月/藩主が綴った人生70年の計 

№020=2018年7月/往来物と文字教育 

№019=2018年6月/女子用往来と百人一首 

№018=2018年5月/近世の女筆手本(5)女性書札礼 

№017=2018年4月/近世の女筆手本(4)女筆手本類の筆者 

№016=2018年3月/近世の女筆手本(3)散らし書き

№015=2018年2月/近世の女筆手本(2)近世刊行の女筆手本類

№014=2018年1月/近世の女筆手本(1)女筆手本とは
………………………………………………………………………

№013=2017年11月/「女大学」の成立・展開・評価
№012=2017年10月/女筆の時代と女流書家
№011=2017年9月/江戸期女性の読み・書き・算盤
№010=2017年8月/往来物の世界
№009=2017年7月/江戸庶民の徳育(道徳教育)
№008=2017年6月/江戸の立志論
№007=2017年5月/庄屋心得書『親子茶呑咄』に学ぶ
№006=2017年4月/江戸庶民と礼法
№005=2017年3月/戸の手習本を読み解く
№004=2017年2月/江戸のイクメンと「親父の小言」
№003=2017年1月/子殺し習俗(堕胎・間引)と対策
………………………………………………………………………

№002=2016年11月/江戸のお神籤・占い
№001=2016年10月/江戸の子育て・人づくり


宮城県大崎市「寺子屋体感講座」 

東京都東久留米市での講演

東京都世田谷区での講座